読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ifの話

「もしも…」っていう空想語ったり、Reality話だったり、絵だしたり

ポケモンの話をしようよ。

お久しぶりです。夏のアニポケ劇場のネタを練ってます。

ここさいきんあったことを赤裸々に話します。

  • ポケモン映画見られねぇ→8月下旬に行けと母が。
  • たまごっちに今更ハマりました→詳しくは後述
  • とあるホラーゲームに出会いました→友人がプレイしてるの見て、ニコニコで実況動画見てきました。結果、夜の安眠タイム3、4時間を削りましたが、とてもおもしろかったです。「柳太朗伝記(古宮村編・出雲城編)」です。ホラーが苦手な人も、イフと同じように睡眠時間削られるだけだと思うのでぜひ。

たまごっちのこと

前の日曜日、何を思ったかツ○ヤでたまごっちのDVD借りました。映画二本とアニメ二本。
映画じゃ隠れてばっかりだったけど、ござるっちって古島さんが声優なんだよね。もともと忍者とかは好きな方だし、古いゲームでござるっちがテライケメンだったから好きなんだけど、それ知ってるとさらに好きになれるね、ござるっち。ニンニン。だってあのシンジと同じ声優さんだぜ?
あと映画のことで。二作目のハピハピっち初登場の映画ですが、当初のききっちのキャラ設定が好きだったんで見たけど…。クライマックスちょいと前に、いろんなたまごっちが「自分の幸せはこういうの」って語る回想シーンがあるんですけど、何故かそこで号泣する私。
せめてラストで泣こうよ。超感動物だったじゃないかあそこ。というかそもそも私が映画とか見て泣くなんてあり得ない。しかも子供向けで、一回見てるし。
あとアニメでも、ちょっぴりうるってきそうになった気がするところがあった。ラブリっちの苦悩。
おのれ、たまごっちめ。私の涙腺を刺激するとは、良い度胸だな…(賞賛と感激)