読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ifの話

「もしも…」っていう空想語ったり、Reality話だったり、絵だしたり

プロローグ

 爛々と光る目は、すでに標的を見据えていた。
 口元が思わず綻ぶ。何とか間に合った、と安堵のため息をした。

 そこにあったのは、妙にアンティークな扉。
「…あれ、こんな所に扉なんかあったっけ?」
 声を出すが、一人なので誰も答えてはくれない。
 さて、どうしたものか。
 ここは、とりあえず回れ右をするのが妥当かつ正しい。
 だが、それでは意味がないのだ…
「ううむ…とりあえず、開けてみっか!」
 何も知らない彼女は、不用意にその扉を開けた。
 真っ白な雪が降り積もる、冬の午後三時だった。

ギイィ…
 鈍い音がその部屋に響く。
「………?!」
 彼女の目の前には、巻き毛のライオンのような人(?)が、まるで待っていたかの様に、居た。