読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ifの話

「もしも…」っていう空想語ったり、Reality話だったり、絵だしたり

とんがりボウシ小説の準備。

ここの常連さんは、多分とんがりボウシ興味ない(知らない?)かもですけど、一応ここは私の日記(ダイアリー)だ。スペの好きに書かせてくれ。

タイトル通り、いい加減とんがりボウシの小説も始めたいなぁ、と。
てなわけで、一回ここでキャラの設定を確認します。

マオ 女 12歳 ボウシ座(11月生まれ)
人称:あたし/君・アンタ・○○/みんな
性格:食い気真っ盛り。元気。意外とちゃっかり者(チェリーパイプレゼントして宣伝させたり、落ちてたラッキーチャームを自分の物にしたり)。
見た目:黒のややつり目。魔法を使うと左目が赤くなる。ラッキーチャーム(自作ではない)を付けている。赤毛のショートボブ。
その他:ある日、有無を言わせず魔法使いとなり、プリズム魔法学校に通う事に。魔力高め。モデル活動はしてない。おしゃれのセンスは高いが、本人はそれを知らず、活かされる事はない。リカルド先生が大嫌い。エレキギターとランタン付きホウキ所持。
主な称号:見習い魔法使い、見習いマイスター
店の名前と種類:スマイルスイーツ(スイーツ専門のレストラン)
サンプルボイス↓
「や!あたしマオ!!」
「あたしのチェリーパイ、特別に君にもあげるよ。お礼?宣伝してくれればいいから!」
「うっさい!雷ぶち込むぞ!!」

ゆう 女 12歳 魔女の鼻座(3月生まれ)
人称:私/君・○○/みんな
性格:穏やかでナイーブ。他人事に関してだけ心配性。
見た目:茶色目。ピンクのふんわりポニー(念のため記載するが、新しい方です)。白いリボン。授業を受けるときは紫メガネ。
その他:マオの親友兼先輩。実は、人気アイドル「ゆうりん」。頼まれると断れない性格故、魔法使い、お店、モデル、そしてアイドルの仕事を同時にこなす事に。どれも成績は優秀(しかもとても楽しんでいるというw)。和風の物が好き。ウッスに好意を寄せている模様。マラカスとダンゴのホウキ所持。
主な称号:二つ星魔法使い、一つ星マイスター、アイドルマイスター、見習いおしゃれリーダー
店の名前と種類:キラキラハウス(アクセサリーショップ)
サンプルボイス↓
「初めまして。ゆうです」
「疲れた…でも、自分で決めたんだもんね!」
「マオ、そんなにはしゃいで転ばないでね?」

カイヤ 男 12歳 ドクロ座(12月生まれ)
人称:俺・僕/君/みんな
性格:器用。謎めいているがどこか抜けている。微妙に二重人格。
見た目:青目。黒の前髪斜め分け。
その他:いつも遺跡で黄昏れている。この町の人間住民第一号。授業をサボりまくりなのに、何故か成績は優秀。ドラゴンに会いたがっている。魔法とドラゴンとスイーツ以外の事には興味なし。甘党。口笛が楽器。ドラゴンのホウキ所持。
主な称号:四つ星魔法使い
店の名前と種類:やってない
サンプルボイス↓
「俺カイヤ。…そんだけだけど?」
「君、魔力強いね。さすが校長が選んだだけの事はある」
「君、ほのかに甘いにおいがする…」


…こんなもんかな。
Q,キャラ少なくね?
A,他の住民キャラ使うから大丈夫。
でも、もうすぐ新作発売だって言うのに、ちょっと時期が微妙かな…?
…やっぱり、しばらくおこうかな…orz

ちなみに、タイトルはいくつか候補が。

  • プリズム魔法学校だより
  • マジックトライ(トライマジック)

…個人的には、全力で後者を推薦したい(前者はいっぱいあるから)。

てなわけで、いろいろ決まりましたね。
何となく、カイヤがどこぞのグロピウスさんみたくなりそうで怖い…ガクブル
問題は、いつコレを投稿するか。

  1. 魔法の町が発売されたら。
  2. 12月になったら
  3. 今から。
  4. 諦めろ

…個人的には3番に行きたいが、そうするといろいろ大変なんだよなぁ…
ま、4番は有り得んがなwww

とりあえず、あらすじレッツゴー

ある日、不意に見つけた扉。それを開くと、謎の人物が。
有無を言わせず魔法使いとなったマオは、期待と不安(0、1:1000)の中、プリズム魔法学校に入学。
同じクラスの友達(ゆうetc…)も出来、王様の命により、店も経営することに。
出来たてほやほやの店に向かう途中、遺跡で黄昏れるカイヤと出会う。
話しかけても愛想のない返事だけ。めんどくさいのでそのまま通り過ぎる。
そして、初めての不思議時間。魔法試験…
明日も、いろんな意味で充実していく予感。

…ここから先は考えてない。ていうかお得意の、ほのぼの小ネタギャグでいきます。ストーリー性無いなぁ…w
ま、ポケモンでもとんがりでもオリキャラでも、スペに真面目な話を期待するのはよそうねってコトネ((は