読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ifの話

「もしも…」っていう空想語ったり、Reality話だったり、絵だしたり

思わずワーオ!

何となくとんがり小説。
意味不前提で書きますよぉ!!

 げ、またアイツだ。
 商店街のベンチに腰掛けているアイツは、最近引っ越してきた「ワオ」って奴。
 第一印象は、「鼻持ちならないイヤミな奴」。
 あの偉そうな態度、私大ッ嫌い!!
 だけど、出会ったクラスメイトには大体声を掛けてしまうのが私の癖で…
「あ、ヤッホー、ワオ」
「やぁアスカ。今日も絶好調な気分」
 あぁそうかい。アンタの気分なんて知らないよ。あ、ちなみに、「アスカ」って言うのは私の事。
 アイツ、初対面でいきなり呼び捨てしてきたのよ。腹立つー!!
「そうだ。アスカ、今暇?僕と遊ばないかい?」
 挙げ句の果てにナンパかよ。最低な男ね。
 でもまあ、暇なのは事実だし…
「んー、良いよ」
「ホントかい?じゃあ行こうか」
 もし変なコトされそうになったら逃げてやる。

 やって来たのは、ライムライトっていうお店。
 一見大人のスナック店だけど、実はソフトドリンク専門のカフェバーなのよね。
 中に入ると、店内にかかってた曲が聞こえる。
「アスカ。これ、何て名前の曲か知ってるかい?」
「うん。『恋のマジックショー』でしょ」
「もちろん」
 何が「もちろん」よ。どうせ知らなかったくせに。
「あら、いらっしゃいお二人さん。仲が良さそうね」
 いいえ、全然良くないです。なんて、言えるわけもないけど。
 この人はここのオーナー、メルシィさん。
 ここがスナック店と間違われる理由の一つが、メルシィさんの雰囲気なりしゃべり方なり。
「今日はストロベリージュースが美味しいわよ」
「じゃあ僕ら二人で」

「ところで、何でここに私を連れてきたの?」
「んー、ここ来るのは初めてだったからさ。一人じゃ心細いなぁと」
 他の奴誘えよ。
「ホントは男子とか誘いたかったんだけど、僕友達あんまり居ないから…」
 ………
「これがいわゆる『孤高』って奴?」
 やっぱりウザイ。
 すると、メルシィさんがやって来て言った。
「ふふっ、アスカの隣の人は始めましてね。ところで、ちょっと二人の事聞かせてくれないかしら」
 来た来た、メルシィさんの相性相談。
 でも、聞かせるほどの関係でもないんだよなぁ…
 とりあえず思い当たった事を並べてみたけど、大丈夫かこれ。
「アスカって積極的なタイプなのよね。受け身なワオとの相性は抜群よ」
 マ ジ で す か 。
 え、ていうかうざったいコイツが受?!あり得なーい。
 ワオは、飲み干したジュースのグラスを見つめていた。

「…お、もうこんな時間か」
 あのあと、流れでここまで遊んでた。気付くともう5時過ぎ。
「じゃあ、僕はそろそろ帰るよ。まだ勉強が残ってるからね。宿題以外の」
 知らんわ。
「うん、じゃあね」

 翌日、寮の部屋から出ると、
「ニャッ、手紙だニャ」
 郵便局で働くネコが、二枚の電報を読み上げる。
 一枚目は、
『アスカ!お前と俺の大事な物を賭けて決闘だ!日曜日に孤島で待ってるぜ! ドットより』
 またコイツか。毎週土曜日、必ず来るんだよねこの決闘状。
 そして、気になるのがもう一枚。
(この前の課外授業サボっちゃったからなぁ…ダグラス先生の説教かな…)
『アスカ、昨日はとても楽しかったよ。また時間があれば、一緒に遊びたい気分。 ワオより』
 …え?!
「ニャァ」
 と言うなりネコはいつも通りドロン。
 ドットからの電報を捨てた(もちろん決闘はすっぽかします)後、ワオからの電報を読み返す。
「何さ、まだ友達でもないのに…軽々しく電報なんか送ってきて…」
「あらー、そういうのを『ツンデレ』って言うのかしら〜」
「ギャッ!!!」
 突然後ろから顔を出してきたのは、私の親友兼今この町で一番のモテ子、ミント。 
「誰がツンデレよ!!勝手に変なキャラ作んないでよ!」
「もう、照れちゃってー!『男も女も友達』みたいなアスカにも、とうとう彼氏候補が出来たのね」
「ちーがーいーまーすーッ」
 ミントはどんどん話を勝手に進めていく。相変わらず…
 でも、なんか変なのよね…このモヤモヤした感じ…


〜あとがき〜
Q、何スか、このベタっぽい、しかも中途半端なラブコメ(?)は。
A、いーじゃん別に。
何となく思いついたのよ。
ちなみに、『アスカ』という名前は今書いてるポケダンの次作の主人公の名前になる、かも知れないです(あくまで『かも』)。